組織再編

組織再編は、企業の成長過程における経営資源の選択と集中や事業承継過程において、有効な手段であり、その手法は多岐にわたっております。合併、事業譲渡、株式譲渡、会社分割、株式交換、株式移転等またはその組み合わせなど、採用するスキームにより将来の財政状態、経営成績に影響を与え、利害関係者とのコミットメント水準を左右します。すなわち、内部管理体制に内在する課題、問題点をあらかじめ把握することが、再編後の迅速かつ円滑な統合業務に影響を与えます。
>> 詳細ページへ >>

事業再生

資源価格の高騰、為替の変動、金融危機などから、従前のビジネスモデルから脱却できない企業は業績悪化のスピードが加速しています。一方で業績の悪化した企業を再生に導くためのインフラとして、ノウハウを有する事業会社による救済、金融機関、投資会社による金融支援の広がり、さらに税制整備などにより私的整理、法的整理とも再生に向けた土壌は次第に整備されてきています。
>> 詳細ページへ >>

企業価値評価

上場会社では証券市場で日々株式の取引が行なわれていますが、買収、合併時の当事者が合意できる価値の算定は容易ではなく、証券市場における株価の捉え方、将来キャッシュフロー、純資産などの諸要素を複合的に検討してこれを行わなければ交渉は難航します。ここで必要とされるのが、第三者による客観的な価値算定です。
>> 詳細ページへ >>

株式上場支援

株式上場は継続企業として成長するための大きな選択肢の一つです。株式上場にあたっては少なくないデメリット、大きなメリットが複合的に出現します。当社は、そのメリット及びデメリットについて客観的な評価をもとに助言を行い、メリットが大きいと判断された経営者に対し、メリットを実現するための様々なサポートを行います。事業計画作成のアドバイスから株式上場のために必要となるメルクマールの設定・・・・
>> 詳細ページへ >>

内部統制構築支援

上場会社においては金融商品取引法による財務報告に係る内部統制構築についての経営者評価、監査人評価が2009年3月期より義務化、会社法では大会社の内部統制システムの構築が規定されるなど企業に一定水準の内部統制システムを構築することがこれまで以上に社会的に要請されています。
>> 詳細ページへ >>

IFRS導入支援

IFRSとは国際会計基準審議会(IASB)が設定した会計基準であり、全世界100カ国以上で採用されている会計基準です。日本におきましても2015年から2016年に上場企業の連結財務諸表にIFRSの適用を目指す方針が明らかになりました。
IFRSを適用した場合には、経理・財務の分野だけではなく、経営戦略や企業内のシステム、各種業務プロセス、人事戦略等にわたって多大な影響を及ぼし、解決すべきさまざまな課題が出てくるものと考えられます。
>> 詳細ページへ >>

人材育成・研修講師

企業価値向上の源泉は「人材」にあり、企業の持続的な発展には人材育成は不可欠です。優秀な人材の確保/育成には、的確なニーズの把握からプログラムの計画・実施・スキルの定着まで見据える必要があります。当社では数多くの実績を積み重ねており、単なる教科書の説明にとどまらず豊富な事例と演習を通じて実務に直結した人材育成・研修を提供いたします。
>> 詳細ページへ >>